難しい仏壇の購入について

マイホームの購入もそうですが、意外に難しいのが仏壇の購入です。失敗が許されませんし、ある程度の期限の中で購入しなければなりません。他の家を見てまわる訳にもいかずに、苦労を強いられている体験談を耳にします。最も頭を悩ませるのが、大きさと色ではないでしょうか。理想の大きさは、仏間よりも少し小さめだと言われています。掃除のことを考慮しなければなりませんし、両脇には御線香や蝋燭を置くスペースが必要です。次に色ですが、最近は金色を避ける傾向にあります。茶色や焦げ茶色が人気を集めていて、家具調デザインも認知度をアップさせているようです。また、仏具との兼ね合いもあり検討が求められます。一度や二度見ただけでは決められないのが普通で、何度も足を運んで納得する買い物をすることが大切です。値引き交渉にも応じてくれるので、それも含めて検討して下さい。

仏壇を新たに購入するなら

仏壇を購入するなら伝統的なタイプのものではなく、最近の住環境にぴったりと合ったモダンなものを購入することをお勧めします。オーソドックスなタイプの古典的なものは単純に置く場所を選んでしまいます。基本的には和室や床の間に置く形になります。最近のデザイナーズマンションなどでは床の間どころか和室や畳のスペースすらない場合もございます。そうなると通常タイプのものなら設置に困ってしまいます。最近では仏壇ショップが様々なメーカーと取り組んでとてもおしゃれでモダンなデザインのものも販売しています。これなら和室に置くことに縛られず、様々な場所に設置が可能です。最近のものは大きさも様々なものが選べます。置く場所に合わせて家具を選ぶようにぴったりのサイズのものを選ぶことも最近のものなら可能です。購入するなら住環境にぴったりと合ったものを選ぶことをお勧めします。

デザイン性の高い仏壇を購入する人が増えています。

昔、おじいちゃんおばあちゃんの田舎に遊びにいくと箪笥ほどの大きさのある仏壇が和室に置いてあったという人も少なくないようです。こげ茶色で大人の背丈ほどの大きな仏壇の扉を開いて故人に手を合わせるというスタイルです。しかし、近年の日本の住宅事情やライフスタイルではこういうスタイルの昔ながらの仏壇を置くスペースがない家族が増えてきたのも現実です。先祖を敬う気持ちはあっても、狭い部屋が仏壇でいっぱいで家族のスペースが狭まってしまうのも考え物です。実際やむをえず、処分してしまう家庭もあるそうです。そういう住宅事情に合わせて、最近は家にしっくりとなじむ一つの家具のような小さな仏壇を購入する家庭が増えてきました。知らない人が見たら仏壇と言われるまでは気づかないほどのデザイン性の高さです。敬う気持ちさえ持っていれば、先祖も今の家族も清々しい形での同居が望ましいです。