神奈川のウィークリーマンションの相場を説明します

神奈川県は東京に隣接していて、政令指定都市が3つもあり、福祉や教育にも力を入れている、とても住みやすいところです。県の中心部には小田急線が通っていて、新宿や渋谷へ行くことができます。企業の本社や支社も多く置かれていて、ビジネスマンでにぎわう街とも言えるでしょう。そんな神奈川県には、使い勝手の良いウィークリーマンションがたくさんあります。仕事で出張に来た方や県外から受験に来た方、観光目的で来た方などが利用しており、初期費用がほぼかからないことでとても人気です。相場としては、横浜市や川崎市などの大都市圏で1週間に4万円くらい、相模原市では3~4万円くらいになります。厚木市以降、都市から離れるほどに相場は下がっていき、2万円くらいで済むところもあります。では、相場を目安に、希望に近い物件を見つけていきましょう。

ウィークリーマンションを神奈川県のエリアから探そう

横浜市や川崎市は大都市で人口も多く、商業と経済の地と言えます。空港や新幹線を使う方やビジネス目的でウィークリーマンションを借りる方であれば、このエリアから探すと良いでしょう。特に、神奈川県の中でもこのエリアは電車やバスの路線が多いので、このあたりを起点にすると移動が非常に便利になります。ただ、先述の通り家賃の相場は高いため、もう少し費用を抑えたいのであれば、隣の相模原市が良いでしょう。横浜市へ出やすいのは南区や中央区です。川崎市に近いところが良ければ南区が良いでしょう。レジャーや観光目的で借りるのであれば、茅ヶ崎市や小田原市、足柄下郡が適しています。茅ヶ崎市にはビーチがあり、足柄下郡には温泉で有名な箱根があります。箱根は人気スポットなので、賃料は高めです。シーズン中は満室になってしまうこともあるため、早めに予約した方が良いでしょう。

ウィークリーマンションを神奈川県の鉄道・駅の沿線から探そう

ウィークリーマンションを探すなら、まずは神奈川県の中心を通っている小田急線を見てみましょう。新宿方面へ用のある方は、この沿線が最適です。南武線も使える登戸は、快速に乗ると新宿まで15分程度で行くことができます。南武線は川崎と立川を結ぶ線で、武蔵小杉や府中本町へ行くことができます。他には、新百合ヶ丘や相模大野もおすすめです。ロマンスカーの停車駅で、かつ羽田空港行きのリムジンバスも出ています。飛行機を利用する方であれば、この2駅の近くで探してみると良いでしょう。横浜方面へ行きやすいのは、相模鉄道線や根岸線、みなとみらい線です。後者の2つは、関内や桜木町、中華街のある石川町に停車します。みなとみらい線沿線は、繁華街のわりに安い物件もあるため、探してみる価値はあるでしょう。