仏壇の購入に関して多くの人が抱く疑問

若い時は関心も無かったけれど、年をとって身近な人が亡くなったことをきっかけに仏壇購入を考え始める人も少なくありません。しかし、まったく知識が無いためにわからないこともたくさんあるでしょう。地域や家によっては人が亡くなってもいないのに仏壇を購入することは縁起が悪いと考えられたり、閏年は避けるべきだと伝えられているかもしれませんが、特にいつ買っても問題はありません。今の住宅事情では置く場所を決めるのに苦労するかもしれませんが、モダン仏壇なども最近では販売されているので家に合う気に入った物を選ぶことができます。家の中でも人が集まる場所に安置してあげるのが良いとされます。基本的にはどの方角に向けて置いても良いとされています。しかし、北向きは避けられる傾向にあります。宗派などによって考え方は変わります。

仏壇購入のための基礎知識

日本においては元々は殆どの家に、神棚や仏壇が当たり前にありました。しかし戦後の高度成長期以降、急速に核家族化の波が訪れたことにより、仏壇を持つのは実家を受け継いだ長男のところだけというようなことが多くなってきました。大切な家族を失ったとき、その供養のために初めて仏壇の購入を検討するというパターンが、現在最も多くなってきています。仏壇にはいくつか種類があります。家族を亡くされたばかりの方は、とにかく故人を思うあまり、大きなものや豪華なものを購入しようとされますが、できればきちんと自宅の間取りや置き場所をしっかりと考えて、適切な選択をされる方が良いでしょう。家と同じようなもので、一度購入したら生涯その家族と共にあるのが仏壇です。見た目や大きさよりも、長く共に過ごしやすいかどうかで選択することをお勧めします。

仏壇を購入する前に調べておくこと

仏壇は、ほとんどの場合、その家を代々見守っていくものとなります。昔と違って核家族化が進んだ現代においては、神棚や仏壇を家に持つところは少なくなってきているため、どのようなものを購入して、どのように取り扱えば良いのかわからないというご家庭も多くなってきています。購入にあたって一番のポイントは、仏壇の置き場所です。一般的に部屋の北側に南を向いて設置されますが、こうした慣習的な側面や、一度仏壇を置いたらそうそう場所を変えることはないことから、置き場所というのが非常に重要になってくるわけです。他の条件としては、直射日光が当たらないところで、風通しがあって湿気がたまらず、エアコン等が直接あたらない等が考えられますが、こうしたことから自然と場所は限定されてくることになります。まず場所を決めて、そこに設置するのに最も適切な仏壇を選ぶようにするのが良いでしょう。